毛ジラミ症から性病まで
性病の事で相談しているカップル

細菌・ウイルスによって起こる毛じらみ・性病の悩みを解決します。

いぼ発生やジスロマックによる治療から生じる大うつ病

性病と大うつ病との関連は深いことも多々あります。大うつ病で精神科にかかっている患者の病気の原因となっているものがわからないときには多かれ少なかれ性病が原因である可能性を疑う必要が生じることも珍しいことではありません。特に若い世代で原因が特定できない場合には性行為に伴って性病にかかってしまっていることを懸念していることが大うつ病の根本的な原因となっている場合もあるため、その心をうまく汲み取っていくことが重要になります。性病であるということに気づいて後悔するケースとして代表的なのが尖圭コンジローマと性器クラミジアです。尖圭コンジローマでは特徴的ないぼが性器や肛門の辺りにできるため、誰もが自分で異常を感じるようになります。インターネットを用いていぼの写真を探すのも難しいことではなく、そのいぼが尖圭コンジローマであるということを理解するのも素人目でも可能です。その原因となる性行為が想像できてしまうと、それを悔いてしまうことになるでしょう。人に相談することもできずに抱え込んでしまい、大うつ病になってしまうのです。一方、性器クラミジアは男性に多いものですが、女性の場合にも感染していると不妊症になるリスクがあることが知られています。その治療にはジスロマックが有効であり、ジスロマックを服用することによって完治させることができるでしょう。しかし、その事実にたどり着くことができずに性器クラミジアにかかってしまったことを悔いることもよくあります。ジスロマックによる治療法が確立されていることを知っていても、医療機関にかかることが憚られてしまって思い悩んでしまうことになりがちです。それが積もり積もって大うつ病につながってしまうのです。